西洋料理(フレンチ・イタリアン)

 
町田調理師専門学校 HOME > 実習内容 > 西洋料理(フレンチ・イタリアン)

伝統と調和が織り成す、味と香りの豊かなハーモニーを体感してほしい

フランス料理、イタリア料理に代表される西洋料理は、長い歴史に裏付けられた伝統に重きをおく一方で常に時代の新鮮な感性を求められています。基礎的な技術とワインやチーズ、マナーなどの幅広い知識を「ワン・プレート」と共に学んでください。

講義内容

基本技術

  • ・洋包丁の扱い方
  • ・切り方各種
  • ・ソースの作り方(特徴・用途・ポイント)
  • ・フォン/ブロード(出し汁)の取り方
  • ・フランス/イタリア料理の特色
  • ・テーブルマナー

料理内容

  • ・前菜
  • ・スープ料理
  • ・魚介類料理
  • ・肉料理
  • ・蒸し焼き料理
  • ・野菜料理
  • ・菓子(温菓、冷菓、氷菓)
  • ・パスタ料理
  • ・米料理
  • ・地方の特色ある料理 他

講師紹介

フランス料理

谷昇先生

ミシュランガイド東京で2つ星を獲得しているレストラン、ル・マンジュ・トゥー(新宿区・納戸町)オーナーシェフ。

藤井栄司先生

フレンチの名店・クレッセント(港区・芝公園)を始め、数々の店舗で総料理長を歴任。現在は後進の指導に当たる。

岩月 明先生

ホテルグランパシフィックLE DAIBA(港区・台場)総料理長を経て、現在は後進の指導に当たる。「知食メニュー」の考案者。

山口 晃先生

本校専任教員。都内のレストランを経て、横浜ロイヤルパークホテル(横浜市)で宴会コールセクションシェフを勤めたのち、現職へ。

池田真樹先生

本校専任教員。横浜ロイヤルパークホテル(横浜市)に入社し、宴会、カフェ、レストラン部門全てで研鑽を積み、現職へ。

イタリア料理

片岡 護先生

イタリアでの5年間の修業、国内有名店でのシェフを経て、アルポルト(港区・西麻布)を開業。オーナーシェフとして腕を振るう。

日高良実先生

フレンチのシェフからイタリアンに転向ののち国内外で修業。料理長などを歴任し、アクアパッツァ(港区・広尾)を開業。オーナーシェフとして腕を振るう。

有馬邦明先生

イタリアにて2年間の修業ののち、都内などのレストランを経て、パッソ ア パッソ(江東区・深川)を開業。オーナーシェフとして腕を振るう。