実習内容 製パン実習・和菓子実習

 
HOME > 実習内容 > 製パン実習・和菓子実習
 
 

学校法人 榎本学園
町田製菓専門学校
〒194-0013
東京都町田市原町田5-1-3
TEL 042-739-4466
FAX 042-739-4470

資料請求

製パン実習

職人としての目を養いながら技術を磨きます

はじめは手作業による仕込みを中心に生地の状態を知ることから始め、機械に頼らない自分の目を養います。さらには本格的な製パン機材を使った実習を行い、実社会で戸惑うことのないしっかりとした技術と知識を身に付けていきます。

授業内容

製菓衛生師科

1年前期

  • ・製パンの基礎
    (計量・分割・丸め方)
  • ・製パン実験
    (食パン・バターロール)
  • ・製パン材料による比較
  • ・レーズンブレッド矢印
  • ・ピザパン/他

1年後期

  • ・菓子パン矢印
  • ・編みパン
  • ・フォカッチャ
  • ・調理パン
  • ・スイートロール/他
レーズンブレッド 菓子パン イングリッシュマフィン

2年前期

2年後期

フランスパン ベーグル/他 クロワッサン シュトーレン イギリスパン/他

講師紹介

飯塚良雄先生「パン作りは心」Shop:Y.Iizuka(ベーカリーコンサルタント) 代表

有名店「ナガフジ」の工場長を長年務められた後、現在は数々の賞での審査員を務められるなど、後進の育成に力を入れられています。

地主将人先生「焼きたて、揚げたて、作りたてこそパンの魅力」Shop:サガミパン工房ブンブン 神奈川県厚木市ほか

パンでお客様を喜ばせることをモットーに高い技術に裏打ちされた本来のパンの魅力とともに季節感を意識するなど新しい魅力も追及しています。

佐藤哲哉先生「支えるものは向上心と努力」Shop:ママン・ラトーナ 東京都・町田市

若くして数々の賞を獲得され、急成長を遂げる「ママンラトーナ」のベーカリー部門のチーフとしてご活躍されています。

和菓子実習

和菓子への理解を深めることは感性を磨くこと

和菓子では、感性にうったえかけるアプローチを大切にしています。
和菓子独特の観点から見ることで、菓子全般に対する造詣を深めます。

実習風景

季節を味わう和菓子

四季のある日本の和菓子には、季節の流れを感じさせることも重要な役目なのです。

五感を刺激する

味や見た目はもちろん、和菓子は食べるときの音にまで工夫をこらしています。

実習風景

講師紹介

杦山勝先生 杉山本店

相模原にて老舗和菓子店を経営。高い技術が評価され、若くして東和会の役員となられています。

森雅彦先生 四季菓庵いわかめ

藤沢にある和菓子の老舗・いわかめの店主。
和菓子の技術のみならず職業訓練指導員の資格も持ち後進の育成にも熱心な和菓子職人です。