インタビュー

インタビュー

先生からのメッセージ

石岡 周平
介護福祉学科 主任

障害があってひとりでは生活していけない人、誰かの助けを必要としている人を相手にするということはもちろん大変な面もたくさんありますが、同時にやりがいを感じられます。
介護の仕事を単に労働や作業としておむつ交換を何人、食事介助は何人終わらせればいいという考え方ではなくて、そういった業務を行う中にも"人"を相手にしていることを常に考えられる介護福祉士になってほしいと望んでいます。24時間、365日、生活は途切れません。そして人には感情や変化があります。その"人"の生活の中に介護福祉士も入っていくわけですから、人手不足で厳しい状況でも、思いやりの心、優しい心、気付ける心、敬う心、様々な心を持って介護に臨んでもらいたいと思います。
そのためにも、まちふくの2年間を惰性で過ごすのではなく、自分がどういう介護福祉士になりたいのかイメージして、介護の心を育てていってほしいです。

𠮷田 小由美
こども保育学科・保育学科主任

共働きや子育てに悩む親が増加している現在、子育てに関する様々な支援が行われています。今後も子どもを取り巻く環境は変化するでしょう。その変化とニーズに応える「保育者」が益々求められます。そのような中、子どもの成長に最も大切な乳幼児期を通して子どもたちに接して見守る保育士や幼稚園教諭などの仕事は、子どもたちにとって、その親たちにとって、とても大きな意味を持っています。そして、保育者にとって、それは“やりがい”と感じるものではないかと思います。
保育者になるためには「知識と技術」を身につけることは勿論必要なことですが、保育の主役は「子ども」です。だからこそ、一人ひとりの子どもを理解し、子どもと信頼関係でつながる力を大切に育みたいと考えています。
まずは「子どもが好き」から始め、学校生活の中で多くのことを学び、子どもや保護者からも信頼される保育者になってほしいと願っています。

在校生からのメッセージ

野上 香澄
神奈川県立旭高等学校 卒 
介護福祉学科

入学したばかりの頃は介護技術も専門用語も初めて知ることばかりで、正直不安でいっぱいでした。でもすぐになんでも話し合える友達ができました。クラスには幅広い年齢層の学生がいるのでとても心強く、学ぶこともたくさんあり、みんなといるのが楽しくなりました。
この学校を知るキッカケは母が働いている老人福祉施設にこの学校の卒業生がいたことでした。
オープンキャンパスに3回参加し雰囲気の良さに心惹かれ、入学したいと思いました。
介護の技術を基礎からしっかり実践的に学ぶことがこの学校ではできます。是非オープンキャンパスに参加してみてください。

池間 汐里
私立 光明学園相模原高等学校 卒 
こども保育学科

母が保育士なので働く姿をこどもの頃から見てきました。かっこいい職業だなと憧れていたことと、私自身こどもが大好きなこともあり、迷わず母と同じ道を目指すようになりました。3年制の学科なので焦らずにじっくりマイペースで学べることが1番の魅力でした。
またピアノが一人1台ずつ使えて、個人レッスンが受けられることや自主練習が自由にできることも高ポイントです。苦手な教科もありますがクラスメイトと互いに教えあったり、空き時間や放課後に復習したりしています。卒業後の目標は幼稚園の先生。担任としてクラスを任されることで責任感も養われるし、高い達成感を得られたらと思っています。